高速バスはとても安く乗ることができるため、一人の旅行であったり節約旅行であったりすれば、是非とも積極的に利用したいものです。しかし、安いのは人件費を大幅に削減するために無理な雇用体制を作っているとか、長時間労働を運転手に強いているといった都市伝説的なこともよく言われます。このようなことを聞いてしまうと格安の高速バスに乗ることに不安が出てきてしまいます。

実際に高速バスに関する事故やトラブルは何件かおきています。運転手の過労が原因でバスが走行中に事故にあってしまうこともあります。バスが追突事故や横転事故を起こすこともありますし、速度違反で逮捕されたケースもあります。それだけでなく、事故の中には運転手や乗客が死亡するような大規模な事故が起きていることもあります。

また、他にも高速バスに乗車中に痴漢行為をされたとか盗難にあったとかという被害も出ていることがあります。高速バスの中には夜間に走行するバスもあるので、眠っていて無防備になり盗難や盗撮、痴漢行為といったことが起きてしまうことがあるのです。このような事故の事例があるために、高速バスに乗車するとなると、トラブルというのはどうしても不安がよぎってしまうものです。